--.--.-- -- --:--

スポンサーサイト


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2013.07.29 Mon 11:17

祝 長迫 BMX世界選手権大会 決勝進出7位


長迫 吉拓 2013BMX世界選手権大会 エリート男子クラス 決勝進出 7位入賞


ヨッシー頑張りました。踏ん張り、粘り、勝負をかけた走りによって決勝という舞台に一気に駆け上ったのでしょう。今回のファイナリスト最年少

タイムトライアルで惜しくも18位 スーパーファイナルへは進めませんでしたが、今回T.T.でスーパーファイナルへ進んだ強豪も次々と第1バームの混戦に姿を消しました。
2012年世界選手権大会決勝進出8名の中から残ったのは地元NZのマークだけでした。
その中決してスピードを落とさず、かつ人よりずーっと小さく回れるスーパーバームテクニックを武器に確実に1/8・クオーター・セミと進みました。ていねいなジャンプスキルは幼少の頃からの毎日の積み重ねによるものと思っています。明けても暮れてもコースにいた小柄なヨシタクがついにエリートクラスで決勝へ!凄すぎました。
前代未聞とはこの事でしょう。
優勝したリアムはずーっとイギリスにてトレーニングを積みました。マンチェスターにあるやはり今回の会場と同じ室内の小さめのコースで。
2007年来日した時のトラブルを思い出して笑いそうです。しかも1回BMXやめていた??


話は戻ってヨッシー
今では地球の裏側までどこでも行くことができる頼もしい選手になっています。
本人もワールドカップで何度となくトーナメント進出するも不完全燃焼に終わるGAMEがあったと思います。
セミファイナル通過でガッツポーズする余裕とかあったかしら。ワクワクして決勝挑めたかしら?聞いてみたいものです。明日帰国が楽しみです。


今年の世界選手権大会は昨年までと大きくルール等が変更されました。
まずは2012シーズンのUCIポイントによって国別の参加枠に制限ができたこと
ランキングによってシード権が与えられること
Baidu IME_2013-7-29_10-26-18

今年度エリート男子2名 女子1名 ジュニア男子4名
今年はオリンピックゲームには直接ポイント関係ないですがこういった新しいルールにより地道なポイント獲得は必要になりました。コースも限りなくマンモス化したかと思うと漕ぐセクションなしのテクニカルコースになったりと柔軟性が重要になっています。本当についていくのが並大抵のことではなくなっています。情報・トレーニングと日本選手は得意そうにありません。
ジュニア女子には世界選手権大会参加枠がありませんでした。脈々と続く世界への挑戦は計画性が必要になってきました。8mのスタートヒルを降りたことのある女子が三輪さんたったひとりということは驚くことです。来年のユースオリンピック参加枠も前回とは異なるルールでの参加枠付与、今回はBMXで枠獲得できていない???他力本願となりますかね。

1位65PHILLIPS LiamGBR1989/03/1124
2位7WILLERS MarcNZL1985/09/1128
3位572BRETHAUER LuisGER1992/09/1421
4位92JASPERS MartijnNED1987/02/1126
5位49NYHAUG ToryCAN1992/04/1721
6位457CALLAN JoshuaAUS1991/04/0822
7位993NAGASAKO YoshitakuJPN1993/09/1620
8位95NOBLES BarryUSA1986/12/0227

オリンピック出場を目指している長迫吉拓 大きな1歩です
コーチTOMASも初めて世界選手権大会ファイナリスト輩出か?女子も決勝いっていたし喜んでくれたことでしょう。

もうひとりの日本代表松下 巽 黙々とワールドカップ等目標に向かって取り組んでいます 
彼の取り組みにはオリンピックという目標が明らかに感じられます 是非爆発して欲しいです

そういえば横浜で行われたPUMPJAM トモヤが優勝したと。実は横浜の秘密兵器(*´∀`*)
こちらも長迫に匹敵するテクニックの持ち主。時々ジャパンシリーズにいます。こちらも毎日うみかぜにいるとか?
漕ぐ方の練習もしてRACEに取り組んで欲しいものです。そろそろJOSFエリート昇格かな?楽しみです


スポンサーサイト

Comments

Post Comments

(設定しておくと後でPC版から編集できます)
非公開コメント

Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。